第3回高校生バイオサミット
2次審査 発表作品 一覧


2013/8/8

研究テーマ名 学校名 代表者
P1 THAラットが有するNASH耐性の解明にむけて 山形県立鶴岡南高等学校 安達景都
P2 マコンブ養殖における新技術導入の研究 山形県立加茂水産高等学校 天野芽衣
P3 カブトエビの劇的な発生現象を詳細に測定する 山形県立鶴岡南高等学校 五十嵐 光
P4 カワニナを通して考える地域の生態系〜伊自良川の実態に迫る〜 岐阜県立岐山高等学校 池田伊吹
P5 アトピーの海水治療の科学的根拠の解明 山形県立鶴岡南高等学校 伊藤光平
P6 条件反射を用いたプラナリアの捕食実験 佐野日本大学高等学校 江村 翼
P7 人工繁殖に最適なイシガイ類について 埼玉県立松山高等学校 生川 尚
P8 アトピーの塩素風呂治療による細菌叢の変化 羽黒高等学校 柏倉千寛
P9 産業廃棄物の有効利用法の研究 〜椎茸酒の製造と副産物を利用した菌床栽培 長崎県立島原農業高等学校 水島由貴
P10 茶屋沼の微小生物〜福島原発事故後の環境変化について〜 福島成蹊高等学校 菅野友里奈
P11 植物の光合成と光の波長の研究 聖ウルスラ学院英智高等学校 菊地莉生
P12 キイロショウジョウバエは何色が見えるのか 山梨県立韮崎高等学校 倉田裕斗
P13 アルビノメダカの原因遺伝子同定
〜2系統の原因遺伝子の同定とトランスポゾンTol1の生殖細胞での転移〜
埼玉県立松山高等学校 古賀 源
P14 キウイフルーツに含まれるタンパク質分解酵素の分析 群馬県立沼田女子高等学校 児玉千紘
P15 ペーパーディスク法を用いた天然防腐剤の抗菌効果の測定 山村国際高等学校 小林聖莉奈
P16 松川の微小生物〜福島原発事故後の環境変化について〜 福島成蹊高等学校 紺野 透
P17 アルゼンチンアリは電車で旅をするか? 公文国際学園高等部 齋藤荘太朗
P18 クラゲの腸内細菌の調査 山形県立鶴岡南高等学校 齋藤愛華
P19 ホップの抗菌作用を用いた研究とその実用性 山形県立鶴岡南高等学校 齋藤元文
P20 ウキゴリ棲息数から見た棲息条件の考察 山形県立加茂水産高等学校 佐藤 黎
P21 キノコがセシウムと他のアルカリ金属から受ける影響の違い 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 菅原 遼
P22 水田土壌の微生物を用いた発電の研究 山形県立鶴岡南高等学校 田中良樹
P23 日本産およびアメリカ産のChlamydomonas reinhardtiiにおける接合子の発芽の調査 山形県立鶴岡中央高等学校 土田雄大
P24 焼畑地における火入れ後の土壌細菌の群集構造の変化 山形県立鶴岡南高等学校 鶴巻 萌
P25 マメ科植物の根粒菌とオートクレーブの巧遅性 帝京安積高等学校 生江弘明
P26 活性汚泥中のヒ素浄化微生物の探査 羽黒高等学校 成田明未
P27 ミカヅキモ(Closeterium moniliferum)によるストロンチウムイオンの効果的な吸収条件の研究〜原発後の放射性物質である90Sr2+の除去を目指して〜 福島成蹊高等学校 橋本かれん
P28 ボトリオコッカスの培養と油分生産に関する研究 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 福良光起
P29 イネの塩害モデル環境と除塩方法の検討 仙台市立仙台高等学校 藤原由翔
P30 キノコを用いた廃棄物の有効利用にむけて 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 増山七海
P31 ニワトリ胚を用いた分化誘導の可能性 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 松尾采佳
P32 動物の動的平衡及びその維持に欠かせないアミノ酸代謝の測定
とその循環に関する考察
松商学園高等学校 三澤紗世
P33 CrとCdのマルチ超集積性植物の選別 埼玉県立松山高等学校 水谷弘樹
P34 シークヮーサーの機能性解析  国立沖縄工業高等専門学校 宮里春奈