日程
表彰
応募方法
応募上の注意
受賞作品
ビデオ
アクセス
リンク

SFC BIO

鶴岡に集え、
全国の高校生諸君。


山形県鶴岡市は、バイオ研究の世界的な拠点です。
夢のエコ素材・くも糸の人工合成、次世代バイオ燃料・藻に油を作らせる、究極の健康診断・唾液でがんを発見、など、数多くの革新的な研究開発が行われています。
日本の将来を担う全国の高校生が鶴岡に集結し、世界最先端の研究施設を見学するとともに、日ごろの研究成果を発表し合い、優秀な研究発表は表彰されます。

いまこそ日本を元気にするのは君たちの世代です。

・第6回バイオサミットの受賞結果はこちらをご覧ください。

・次回(2017年度)のバイオサミット開催日程はまだ決定しておりません。以下は20168月に終了した第6回バイオサミットの参考情報です。



実施内容

日程

2016 731日(日)〜82日(火)(23)

会場

鶴岡メタボロームキャンパス
山形県鶴岡市覚岸寺字水上246-2

慶應義塾大学先端生命科学研究所

バイオラボ棟
山形県鶴岡市大宝寺字日本国403-1

宿泊先

いこいの村 庄内
山形県鶴岡市千安京田字龍花山1-1

ホテルテトラリゾート海麓園
山形県鶴岡市下川東海林場358-3

参加資格

全国の高校生

参加費用

参加無料
但し、交通費・宿泊費等の費用については参加者の負担とする。

対象分野

生命科学に関係するあらゆるトピック

*過去サミットの発表作品
1(2011/8)こちら
2(2012/8)こちら
3(2013/8)こちら
4(2014/8)→ 「成果発表部門」「計画発表部門」)

5(2015/8)→ 「成果発表部門」「計画発表部門」)
6(2016/8)→ 「成果発表部門」「計画発表部門」)

表彰

文部科学大臣賞

1

副賞

厚生労働大臣賞

1

副賞

農林水産大臣賞

1

副賞

経済産業大臣賞

1

副賞

環境大臣賞

1

副賞

科学技術振興機構賞

1

副賞

慶應義塾賞

1

副賞

山形県知事賞

1

副賞

山形県教育委員会教育長賞

1

副賞

鶴岡市長賞

数点

副賞

優秀賞

数点

審査員特別賞

数点

優秀研究指導者表彰

数点

副賞

(極めて優秀な作品を指導した教職員等に贈られます)
※なお、副賞は主催者側から交付されます。

体制

主催
高校生バイオサミット実行委員会
※構成団体:慶應義塾大学先端生命科学研究所・山形県・鶴岡市

後援
文部科学省/厚生労働省/農林水産省/経済産業省/環境省/国立研究開発法人科学技術振興機構/山形大学農学部/鶴岡工業高等専門学校/慶應義塾大学環境情報学部/ 山形県教育委員会/ 公益社団法人全国高等学校文化連盟加盟団体 高等学校文化連盟全国自然科学専門部/公益社団法人日本植物学会/一般社団法人日本植物生理学会/日本進化学会/公益社団法人日本動物学会/公益社団法人日本農芸化学会/特定非営利活動法人日本分子生物学会/サイエンスキャッスル/朝日新聞山形総局/毎日新聞山形支局/読売新聞東京本社山形支局/山形新聞・山形放送/荘内日報



協力
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社/株式会社メタジェン/株式会社リバネス

問合せ先

高校生バイオサミット事務局
997-0035 山形県鶴岡市馬場町14-1
慶應義塾大学先端生命科学研究所内
Tel 0235-29-0805 Fax 0235-29-0809
E-mail
bio-summit@iab.keio.ac.jp

biosummit
biosummit
biosummit
biosummit
biosummit
biosummit
biosummit
biosummit


TOP日程表彰応募方法応募上の注意
受賞作品
紹介ビデオアクセスリンク

Copyright(c) Bio Summit in Tsuruoka
All Rights Reserved.